セミナーで学んできた脊柱の施術が効果が上がっています。

この技は細かくやろうとすると、時間がかかり過ぎる。
脊柱が全体的に動きが出て奇麗にしなり、内臓の動きも相当回復しますが。

普段の施術では、この短縮版みたいな感じで練り込んでいます。
施術の効率が上がるので、また施術の幅が広がりますね。

しかしこの技は、完全版であろうと短縮版であろうと視診・静的触診・動的触診のレベルがそれなりに高く、押圧も相当身体を制御出来ないと効果が上がらない感じが(´・ω・`)

二年以上前の私では、無理だったかな?

来月のセミナーまで、何とかもうちょっと完成度を上げていきたいですね!
最近技を組み直ししまくりです(笑)