昨日は今年最後の稽古に行ってきました。
年末は公私共に忙しく、予定が入ってしまったのです。

今回は初めて会う練習生の方のSさんがいました。
前から参加されているAさんもいて、参加者は5人ほど。

打撃から関節技まで練習しました。

初めて会うSさんは身体が柔らかく、初めから力に逆らわず流そうとしています。
Sさんは合気道などの技が合うみたいです。
Aさんはがっちり固めるタイプなので打撃系が合うんでしょう。

私も打撃系なんでしょうが、合気道などの技にも対応出来るよう鍛錬しています。でも週に1〜3回で10年以上練習してますからね〜。
仕事が忙しくなってから、ほとんど道場行ってないですけど(笑)

人にはタイプがあって、何が得意で何が不得意か知るのは重要になってきますね。
練習方法も人によって変えなければならないし、何が出来て何が出来ないか知らないと戦略の立てようがありません。
戦術で各所で勝っても、戦略で最終的に負けてしまっては意味が無い。
個人の能力・特性の分析と長い目で見た成長と戦略。

こういう道場の指導者は大変だと思います。

これは・・・色々な事に共通しますね。
人生も同じかな〜?