「GANTZ」観てきました。

以前パート1を録画しておいたので、午前中に観てみたら面白かったので午後は映画に行った・・・というわけです。

これ原作が奥浩哉さんなんですよね。
昔「変」ってマンガを描いていて、これが結構面白かった。
思いだしてGANTZを観てると、何やら彼らしい気がしますね。

映画は「えっ?」とか「あれは何だったんだろう・・・」とか思ってしまう所もあり、収拾がつかなくなりそうな展開でしたが、結局は面白かったな〜という感想です。
熱くなる所も多いし。

そこもまた奥浩哉さんらしいか?

敵の星人も中々シュールで良かった。
千手観音の星人がいましたが、かなり私のお気に入り。
あの動きがいい・・・(*´Д`*)
ハンターハンターの百式観音を連想させます。
一対一で剣で立ち向かうのは無理ですね。

戦闘に関しては、もどかしい所が。
なんですぐに銃やスーツなど道具の機能を理解しようとしないんだろう?とか。
役割分担して、チームで連携がもっと上手くいけばな〜とか。
ルールをGANTZと交渉出来たりしないんだろうか?とか。
余計な事考えてしまいました。

私ってなんだかんだで、こんなに長く映画の感想を書く事って少ないので・・・。
結局はハマったし、面白かったという事ですね。