P1070149



大井町でいつもお世話になっている、「魚菜家かる」のマスターは、和食に関してかなりの職人です 
整体職人の私を、6年以上に渡り唸らせる技量とスピリットを持つ漢(おとこ)ですが・・・。

その「魚菜家かる」のマスターにアナゴの焼き方を教えた職人が熱海で寿司屋をやっているのです。
所謂、師匠クラス・マスタークラスってやつです。


ここは、美味しいですよ!
熱海市役所の近所で目立たない店です。

しかし、その暖簾をくぐった者は、熱海の海の幸と熟練の職人の寿司に感動を覚える事となるでしょう。

マスター夫婦はアナログでほとんど宣伝されていない店です。

今年も、熱海の海の幸の美味しい所のみを楽しませていただいた気分です・・・。

P1070150

P1070151

P1070152



お通しとツマミ。
すでにテンション上がってます

ここから一気に握りに行きます! 

P1070153

P1070154

P1070156

P1070158

P1070159

P1070160

P1070161

いやー、寿司って、本当に美味しい 

やはり、たまには寿司を食べないといけないな・・・と思います。

P1070163

白子も頼みましたが、これが濃厚・・・。
マスターのおススメは、なんの疑問も無く注文した方がいいでしょう。

日本酒の熱燗と共に、食が進みまくりですよ。

P1070165

最後には、特製の味噌汁。
寿司に味噌汁は反則です。
日本人は、本当にお得なんですよ 

この満足感は、何回味わってもいいものです。


マスターと色々お話させていただいたのですが、今年は海が少しおかしいとの事でした。
マスターは、魚のプロ中のプロです。
長年の経験から、魚を通して何か違和感を敏感に感じているんでしょう。

私の整体の師匠も患者さんを通して、社会がおかしくなっていると感じていたみたいですし・・・。
私も当ブログで、何回か触れてますね。

超一流の職人が感じた違和感。

経験値が非常に高い職人の勘は、無視出来ない何かがあります。

やはり、今年は何かあるか。
計画を前倒しするかな。

やっぱ、一流の人間と接するのは収穫が大きいです