今日、道場に行ったのですが。

合気道で少年部の指導の手伝い、太極拳の稽古、最後に居合をやりました。

少年部での稽古では、少年たちと拳法の組手なんぞやったりして。
やはり、面白いです。

私は、やはり拳法で組手やるのが一番楽しいのかもしれません。
少年たちが、私を追い詰める日が来るのが楽しみ・・・。


で、営業後に師匠が居合の稽古を付けてくれたのですが。


発見がありましたよ。


居合は、抜刀の際に音が出てはいけません。
刀身が鞘に当り、音が出るのはNG。


それは、腰を使わずに手で抜いているから。
小手先になるのです。

しかも、攻撃の際に音が出るのは相手が対応出来てしまいますね。
相手が気付かないうちに切れないと、意味が無いですね・・・。

居合は、暗殺に適しているというのもあります。


で、私は体術を駆使しても、抜刀の成功率が50%ほどでした。

何が悪いんだろうと思ってましたが。
師匠のアドバイスで、気が付きましたよ。


私は、抜刀の際に心臓の周りの緊張があったのです。

それにより、体術で正確にやってるつもりが、最初から偏りが出ていたという。
たまに上手くいってたのは、その心臓の緊張を体術で上手く調整出来た時だったのではないかと思いました。

しかし、最初から心臓周りの緊張が無ければ・・・?

試しに構えの状態から心臓周りの緊張を身体操作で緩めます。
結構、器用な事やってるんですが(笑)


すると、成功率が格段に上がりました!

なるほどねえ〜。
身体がテンセグリティという概念で考えると、当たり前か。

やっと分かった。
多分。


更に、脱力により血振や斬り、斬り付けなども上手くいくようになりました。

自然に止まる。
今まで止めようとしていたのを捨てました。

練習してると 、リズムや気の流れや勁力が安定してきました。

この状態を数稽古すれば良いかと。


これが当たり前になって、実戦でも同じ事が出来て発動できるように考えれば・・・。


いやー、武道は面白いですね。

整体と共通点が多いから、考察や勉強してると点が線になる。

私の主催する基礎整体講座でアウトプット出来るようにしないとです。



 

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○●○●○●○
 品川区大井町駅徒歩2分の整体院
大井町カイロプラクティック 
ご予約・お問い合わせは・・・
 TEL 03−5742−8593 までお願いします。
定休日 水曜日
受付時間 10時〜19時45分

 毎月整体勉強会も開催中!
詳しくはこちら→ 基礎整体講座PRO

Instagram
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○●○●○●○