常連の方で50代女性の方が尻もちをついてしまい、その後右半身を打撲したとの事。

一週間経っても、腰やお尻が痛く、座って立つ時に痛みが走り大変だったそうです。

尻もちは、外傷というか打撲みたいなもんですね。

そして、そこから身体のバランスが崩れて、あちこち痛くなるものです。
こういう場合、当院ではどのように考えて施術するか書いていきますね。

同業者の方にも、参考にもなればよいかと。


【主訴】

しゃがむように尻もちの後に、右半身を打撲。
尻もちの時の事は、詳しく覚えていない。
病院でレントゲン撮って異常なし。


【症状】

右肩・右肘・腰・臀部が痛い。
椅子に座ってる時や、立つ時に痛い。
レントゲン撮る時も固い椅子や台だったので、痛かった。


【整体での考え方】

ぶつかったのは、骨盤の座骨という部分になります。
つまり、座骨に由来する筋肉は全て緊張したと考えます。

この辺の筋肉が、緊張します。

20190827座骨

20190827座骨2
そして、今回の場合は骨盤の腸骨が上方に引っ張られて、背中の補正がかなりありました。

そこから、右上肢の緊張の左右差が体幹に影響。

もっと時間が経てば、首にも症状が出ていたかもしれません。

座骨に由来する筋肉群の緊張を緩和して、二次的・三次的な緊張も調整していきます。

座骨に掛る筋肉による引っ張る力を、まずは無くす事です。
そうすれば、痛みが出ている部分に血液が流れていき、痛みが緩和していきます。

そこから、回復過程に入ります。
どれだけ打ったか?筋膜や筋肉の怪我の程度によって、施術後の痛みは変わり、個人差が出るかと思います。

しかし、血流を確保出来れば、睡眠中の組織の回復が早まります。


【施術後】

仙骨の仙骨粗面や仙骨稜に付着する組織に左右差があり、左側の癒着が強かったです。
そして、ハムストリングスも左側の緊張が右に比べて多いです。

これは、最初から消化器系の影響で左の緊張が強かったか、尻もちの際に左側の座骨を先に強くぶつけたものと思われます。

施術後は、痛みはほぼ消失。
普通に歩いて帰られました。



たまの症例報告でした。

この考え方は、座骨だけでなく、他にも応用できますよ。

同業の皆さんは、お試しください。




 当院主催のセミナー動画視聴は、こちらからです。

  『基礎整体講座チャンネル』


 当院で初診の患者さんに配布している小冊子が、電子書籍になりました。

整体師のアドバイスと健康のコツ



 「基礎整体講座 入門」の資料が、電子書籍になりました。

基礎整体講座 入門



 「基礎整体講座 腰痛」の資料が、電子書籍になりました。

基礎整体講座 腰痛



 「基礎整体講座 肩こり」の資料が、電子書籍になりました。

基礎整体講座 肩こり



 noteにて、有料記事を公開しています。

53817003_249705429313567_8944039080593719296_n






 


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○●○●○●○
 品川区大井町駅徒歩2分の整体院
大井町カイロプラクティック 
ご予約・お問い合わせは・・・
 TEL 03−5742−8593 までお願いします。
定休日 水曜日・木曜日
受付時間 10時〜19時45分

 毎月整体勉強会も開催中!
詳しくはこちら→ 基礎整体講座PRO

Instagram
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○●○●○●○