今年に入ってから、筋膜の施術と勉強にはまってます。

で、色々と応用技を考えて編み出しているんですが。

最近、胸腰筋膜と腰背腱膜の施術で効果が出ています。

IMG_8797

解剖学の本で手持ちのを探しましたが、良いのが少ない・・・。

というか筋膜に関するものが少ない。
昔の本が多いからか?

まあ、とにかく胸腰筋膜は写真の腰椎の辺りのものです。

最初は、腰背腱膜とこんがらがって、ややこしいな〜とか思ってましたが(笑)


腰背腱膜は、

広背筋の起始腱膜
胸腰筋膜の浅葉
胸腰筋膜の深葉
固有背筋を包む胸腰筋膜


これらをまとめて、腰背腱膜となります。

腰部において、広背筋の腱膜と胸腰筋膜の浅葉が癒合して肥厚してるんですが、それが腰背腱膜なんですね。

上の写真を見ると、濃い白になっており、重要な役割を果たします。

コルセットを巻くのと同じような効果を発揮し、腰部が構造的に安定するとか。
筋膜はビローンと伸びる事は無いので、張りが出て、その張力が他に影響するんですね。

で、重要なのが、その繋がり。

IMG_8798

まあ、大黒柱である脊柱沿いにあり、仙骨まで覆っているのですから当然なんですが。

写真を見るだけで、胸腰筋膜と腰背腱膜の変化が他にどれだけ影響を与えるかが分かるかと。

身体の前方では、腹横筋や腹斜筋群とも繋がっています。
その影響力たるや、かなりの広範囲ですね。



で、手技に関しては、やる事は簡単です。
難しいけど(笑)

とんちのようですが、本当ですので。
筋膜にアプローチして、それを維持するのが難しいかもです。

YouTubeに、確かそれを指導させていただいた動画があったはず。

と思って探したら、これしか出てこない・・・?

最初の部分を参考にしてもらって〜・・・。

まあ、これを仙骨までやれば一部OKです。
仙骨は、横からの調整も入れたいから・・・。

後は、皆さん自分で考えてくださいというオチですね(笑)
そんなに難しくはないです。




こんな感じで当講座で指導させていただいてますが、結局動きを出して筋膜が熱を持つと良いです。

しかし、あまりに理屈ばかりになると、自分の知ってる範囲しか影響力が出無くなったりして。
逆に勉強しまくって、影響力を上げていくというルートが正道か?

何も考えずにやる方が、施術の影響力が出る事あるけど・・・。

だがしかし、解剖生理学を勉強するのは当然で、やった方が良いです。
えーと、何が言いたいんだ・・・ 


まあ、とにかく私の主観ですが。
この辺をやっておくと、施術後の変化が大きく分かり易いので使えるかと。

いつものやり方に、1・2分練り込むだけで時間短縮にもなります。

試してみた先生がいたら、結果を教えていただけると嬉しいです。
うちの受講生の方は、臨床にて結果を出してる方もいますし。


整体の道は、延々と勉強が続きますね!
さて、これからもうちょっと深堀りして勉強してみようと思います。



 当院主催のセミナー動画視聴は、こちらからです。

  『基礎整体講座チャンネル』


 当院で初診の患者さんに配布している小冊子が、電子書籍になりました。

整体師のアドバイスと健康のコツ



 「基礎整体講座 入門」の資料が、電子書籍になりました。

基礎整体講座 入門



 「基礎整体講座 腰痛」の資料が、電子書籍になりました。

基礎整体講座 腰痛



 「基礎整体講座 肩こり」の資料が、電子書籍になりました。

基礎整体講座 肩こり



 noteにて、有料記事を公開しています。

53817003_249705429313567_8944039080593719296_n






 


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○●○●○●○
 品川区大井町駅徒歩2分の整体院
大井町カイロプラクティック 
ご予約・お問い合わせは・・・
 TEL 03−5742−8593 までお願いします。
定休日 水曜日・木曜日
受付時間 10時〜19時45分

 毎月整体勉強会も開催中!
詳しくはこちら→ 基礎整体講座PRO

Instagram
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○●○●○●○