考える整体師 『大井町カイロプラクティック』

大井町整体院大井町カイロプラクティック」で院長を務めるカイロプラクターのブログです。武道も続けているのでその絡みの話も出てくるかもです。目指すは一流の治療家にして武道家・・・・かな?      Since 2005・10・1

おススメ本

品川区・大井町の整体院 【大井町カイロプラクティック】 です。
http://www.rakis-oimachi.com/

看板も無く、隠れ家的に営業しています。
現在、完全予約制とさせていただいています。

整体勉強会も毎月開催中。

お問い合わせは 03−5742−8593 まで。

楊令伝

北方水滸伝の続編、「楊令伝」の文庫版の一巻を読み終わりました 

水滸伝もかなり面白かったですが、楊令伝もクオリティを落としていませんね。
相変わらず登場人物がいい。
漢気ってこんな感じか〜と勉強になります 

しかし困るのが登場人物の名前 
中国の名前だし、誰だっけ・・・?って登場人物が結構いたりします。
水滸伝の武将の息子も結構いるし。
水滸伝を読み終えてから、結構時間が経ってしまいましたからね。
まあ、何とか読み進めました。

次回が楽しみです。
文庫になったから、月に一回づつ出るのかな?
毎月の楽しみが増えました 

楊令伝 1 玄旗の章 (集英社文庫)
楊令伝 1 玄旗の章 (集英社文庫)
クチコミを見る

優しい会社

神田昌典氏が監修し、安達元一氏が原案の「優しい会社」を読みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
バブル世代の主人公・秋山が、
軽蔑する上司たちの若い頃にタイムスリップする。

そこで彼が見た、
若き上司たちの意外な働きぶりと
世代ごとの「真の役割」とは何か・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは勉強になりました 

「70年サイクル説」と終戦後、高度成長期、バブル期、現在という4つの時期(季節?)に活躍するタイプの方の考え方や働き方や時代背景などが理解し易い。

タイムスリップの小説式なので、読みやすく一気に読みましたよ。

これから時代がどう動いていくか?
そろそろ時代が変わるでしょうから、経営者でなくとも準備を進めておかないといけません。

そして、それは人生の先輩方から学ぶ事が出来ます。
歴史は繰り返しますから。

私は次の時代でどんな役割を担えるのか・・・?
とりあえず積み上げて、見極めていこうと思います。

優しい会社
優しい会社
クチコミを見る

楊令伝シリーズ 文庫化

北方謙三氏の水滸伝の続編「楊令伝」が文庫化されるようですね。

単行本は全15巻で昨年10月ついに完結したそうな。

6月28日(火)に 「楊令伝 1 玄旗の章」が発売みたいです 

水滸伝が凄く良かったので、楊令伝も読みたかったのですがハードカバーを購入すると狭い都内の部屋には厳しいものがありました。

文庫なら持ち運びが楽だし、かさ張らない。
しかも安い 

他に読む本も多いので、文庫化まで待ってしまった(笑)
恐らく全て購入してしまうかと思われます 
楽しみですね 

妖怪アパートの幽雅な日常

面白い小説読みました 

香月日輪さんという方のライトノベルで「妖怪アパートの幽雅な日常」

おそらく10代向けなんでしょうが、内容がとても良いです。
ライトノベルなので、当然読みやすい。

主人公は高校生で、両親を亡くし辛い経験をします。
1人暮らしをする事になるのですが、そこは妖怪アパートでした・・・ 
そこにいる大人や妖怪から色々学び、経験して成長していく話です。
魔道士になる修行も面白い(笑)

今まで持っていた小さい価値観が崩れて、自分の無限の可能性に気が付けるよう作者は必死に伝えようとしているのが分かります。

これは本当に10代の時に読みたかった・・・ 
でも、自分を形成出来なかった大人の方にもお勧めです(笑)
内容は結構本質をついていると思うんですが。

どんな生き方をするのも自由ですが、どうせなら充実した人生を歩みたいですよね。
そんな事を教えてくれるかもしれません。

小説っていいものですね 

妖怪アパートの幽雅な日常1 (講談社文庫)
妖怪アパートの幽雅な日常1 (講談社文庫)
クチコミを見る

しまなみ幻想

内田康夫氏の浅見光彦シリーズ「しまなみ幻想」を読みました 

浅見光彦シリーズは昔から読んでいますが、大好きです 
探偵ものとして有名ですよね。

今回の舞台は四国のしまなみ海道。
旅情ミステリーとして楽しめました。
なんか・・・凄く行きたくなります。
四国ってまだ行った事ないんですよね。

行きたい所が沢山ですよ 

私がいつも何故か楽しみにしてるのが、物語で浅見光彦が登場するシーンだったりします。
「よっ、待ってました〜 
みたいな感じか。

そういや浅見光彦は33歳のフリーのルポライター。
いつの間にやら浅見光彦より3歳も年上になっていたのか・・・ 

しまなみ幻想 (文春文庫)
しまなみ幻想 (文春文庫)
クチコミを見る

花散らしの雨 みをつくし料理帖

高田 郁さんの2作目「花散らしの雨 みをつくし料理帖」を読みました。
「八朔の雪」の続編ですね。

心温まる時代小説です。
今回は共に店を商う仲間が増えて、物語の幅が広がった感じがします。
これから、どうなるんだろう〜?

料理も工夫を凝らした楽しい感じの物が多いし、人情話もあり・・・。
軽い感じで読めるので、嬉しいです。

こういう本はやはり旅に出た時に読みたいです。
来月旅行に行く予定があるので、その時に3巻目は取っておこうかな。

花散らしの雨 みをつくし料理帖
花散らしの雨 みをつくし料理帖
クチコミを見る

八朔の雪

時代小説読みました。

熱海に旅行に行った時に、ビール飲みながら読みましたよ

旅してる時に読む小説って、なんか好きです 

江戸の暮らしと料理。
そしてグッとくる人情。
主人公の澪(みお)が頑張る姿が良い。

時代物をあまり読まない方にも読みやすいかと。
温かい気持ちになります。
しかも、美味しい料理を食べたくなるかも(笑)

巻末付録に「澪の料理帖」なるレシピがあります。
ほっこり酒粕汁とか、食べてみたい・・・。


古事記@まんがで読破

まんがで読破シリーズの「古事記」を読みました。

正直、学生時代に学んだはずですが、私の脳はスルーしてました(笑)

しかしながら古事記は日本の神話です。
日本人なら学んでおいた方がいいと思ったわけです。

読んでみると、「なるほど!」「そうだったのか・・・。」の連続 

昔は「なんのこっちゃ 」と思っていました。
内容が荒唐無稽ですし。

でも、この本によると神話というものは目に見えない事を表現しようとしているらしいです。
何を言わんとしてるのか?それを探る気持ちで読まなければ意味がないのです。

解釈や意味を考えると、非常に大事な事を伝えようとしているんですね。

先人達が何を伝えようとしているのか?
このマンガを読めば、かなり理解出来ると思います。

次は日本書紀読もうかな 

古事記 (まんがで読破)
古事記 (まんがで読破)
クチコミを見る

銀二貫

高田 郁氏の「銀二貫」を読みました。

前回の「出世花」と同様、時代小説ですね。

今回は大阪が舞台で、幼くして親を亡くした主人公が寒天を商う商人として成長する人情溢れるお話です。

この手の時代小説は寝る前に読むのですが、今回の話も胸にジンワリくる話でした・・・。
淡々と物語が進みますが、途中ぐっときて泣けます。

作者は物語を書くに当たって、相当資料や本を調べているらしいです。
自分でも実際に寒天を作るなどして、リアリティを追求する姿勢が見受けられます。
これは時間が掛かるようだけど、しっかり物語の底力になっていると思えるのです。
高田氏の本は、期待が持てますね。
感動を裏付ける行動があるんだと思います。

銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)
著者:高田 郁
幻冬舎(2010-08-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

出世花

高田 郁氏の「出世花」を読みました。

時代小説で、江戸時代の話です。

主人公は、現代で言う「おくりびと」になるのかな?
幼くして身寄りを無くしてお寺で育った主人公のお縁が、死者を清めて火葬する仕事に就きます。

死者への礼や配慮、心を尽くした仕事が良いです。
死者やこれから逝く者だけでなく、残された者も救われる・・・そんな感じがしました。

短編集みたいな感じで江戸の色々な地名が出てきてイメージが広がったり、当時の人々のあらゆるからみもあり、時代劇物が好きな方は楽しめるかと。

この本は読み終えた後に、ジワジワと地味にきますね。
いつも寝る前に読むので、色々と考えてしまいます。

出世花 (祥伝社文庫)出世花 (祥伝社文庫)
著者:高田 郁
祥伝社(2008-06-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

見通す力

池上彰氏の「見通す力」を読みました。
池上氏の本は勉強になります。
納得したり、自分がやってる事の確認になったりしますね。

整体師が読んでどうするの・・・と思うかも知れませんが、レベルの高い人の思考はどの職業でも応用が可能です。

情報を集めて分析、仮説をいくつか立てて検証、正しいかどうかを見極めて修正。

これは施術を組み立てる時の考え方に応用出来ます。
私が施術の際に心がけている考え方です。

似たようなケースから予測する事も書かれていますが、歴史は繰り返す事を考えると、なるほどなあ〜と思います。
施術でも、同じ症状の患者さんのケースから分析、予測する事が多いですし。
お勧めの一冊です。

見通す力 (生活人新書)見通す力 (生活人新書)
著者:池上 彰
日本放送出版協会(2009-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

夜のピクニック

江戸ふしぎ草子


「江戸ふしぎ草子」
という本を読みました。

江戸時代の小話集みたいな本です。
結構良い話がちらほら・・・ 

江戸時代には、色々と職業があったんですね〜。
途中に資料なども含めた説明が入っていたりして親切です。

日本の歴史に興味がある方は、こういう本から入っても良いかもですね。

埋もれてしまうような、話に何か重要なヒントがあったりするものです。

江戸ふしぎ草子
クチコミを見る

上と外 下巻

恩田陸氏の「上と外 上巻」に続いて、下巻読みました!

全体的にとてもドキドキワクワクした作品でしたよ。
スケールが大きい冒険小説って感じです。

それでいて、あらゆるメッセージがあり学びもある。

かなり分厚い文庫本が二冊なので読みごたえがありましたが、苦になりませんでした。

小説はいいですね〜。
池上彰氏も著書の中で、相手に伝えたい表現が学べるので良い・・・みたいな事を言っていましたし。
人生におけるあらゆるパターンを学べますしね。

沢山読んでおけば、何かあった時に判断材料の一つになったり、戦術を組み上げる際の一つの要因になったりしたりして。

小説は専門書の他に並列して読むようにしています。
良い小説にどんどんめぐり合いたいものですね。


上と外 下 (2) (幻冬舎文庫 お 7-10)
上と外 下 (2) (幻冬舎文庫 お 7-10)
著者:恩田 陸
幻冬舎(2007-10)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

会社組織が蘇る!職場系心理学

日本メンタルヘルス協会の本読みました。

本ってよりかマンガなのですが、「マンガでわかる 上司と部下の職場系心理学」の第二弾ですね。

タイトルは「会社組織が蘇る!職場系心理学」

衛藤先生、相変わらず凄いです。
この内容の濃さ・・・。

分かりやすい心理学って感じ。
まったく心理学を学んだ事が無い方も、安心して読めるかと思います。

職場や家庭での悩みって、ほぼ人間関係だと思います。
悩んでいる方は、この本を読んでみてはどうでしょう。

スッキリするかもしれませんよ( ´∀`)


マンガでわかる 会社組織が甦る! 職場系心理学 (じっぴコンパクト 62)
マンガでわかる 会社組織が甦る! 職場系心理学 (じっぴコンパクト 62)
著者:ナカタニD.
実業之日本社(2010-04-16)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

伝える力

フリージャーナリストとしてご活躍されている池上彰氏の「伝える力」を読みました。

この本は非常に勉強になりましたよ。
本質が見えていて、経験を積んだ頭がいい方が書いた本って感じです。

若い頃に読んでおきたかった・・・って最近こんなんばっか思ってますね(笑)
自分が知らない事を認めて、謙虚に学ぶという教えは師匠達に散々教えられた事と同じでした。

この本は文章を書く方(ブログ、ニュースレター、原稿など)や人前で話す機会の多い方(プレゼン、スピーチなど)は必読かと。

また良い本に出会えて嬉しいです。
池上彰氏の本は他にも出ているので、購入したいと思っています。


伝える力 (PHPビジネス新書)
伝える力 (PHPビジネス新書)
著者:池上 彰
PHP研究所(2007-04-19)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

上と外 上巻

小説読みました 

今回は恩田陸氏の「上と外 上巻」
母がお勧めだと言うので、借りて読んでみましたよ。

上巻だけで、分厚い文庫本ですが一気に読めるほどの内容と読みやすさ。

最初はぼんやりした内容だ・・・と思っていましたが、主人公が妹とジャングルに放り出されてからの展開が目を離せない。
極限下におかれた密林や心理の描写がリアルです。

複雑な家庭環境において、それぞれの考え方や事件後の主人公の親を含む家族の行動が勉強になる。
私ならこんな風に行動出来るだろうか?

そして主人公の親や祖父が子供に教えたり、伝えたりしている内容が凄い・・・。
タダ者ではないですね〜。
私も子供が出来たら、こんなふうに教えたいです。

勉強になる小説って好きです 

この本は本当にお勧めですよ!
最近良い小説との出会いが多いので、嬉しいです。

上と外〈上〉 (幻冬舎文庫)上と外〈上〉 (幻冬舎文庫)
著者:恩田 陸
幻冬舎(2007-10)
おすすめ度:3.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

K・Nの悲劇

高野和明氏の小説をまた読み終えました。

今回は怖い内容です 
小説は、いつも寝る前に読むので多少辛いものがありました(笑)

内容的には・・・。
幸せの絶頂にいる新婚の夫婦が、授かった赤ちゃんを中絶しようと決心した時から悲劇が始まります。

妊娠した奥さんに死霊が取り付いて生活を脅かし、普通の人からしたら発狂しそうな状況に。
協力者の精神科医が、あらゆる現象に説明を付けていき、夫と共に対処しようとしますが・・・。

展開の早さと、ゾッとするような内容で怖いけど面白い。
この本も心理学や医学の専門用語が多く出てきますが、分かりやすく読めると思います。勉強になるし。

また、重い社会問題を上手く話の中に練りこみ考えさせられてしまう内容もあったりします。
高野氏の本は、そういうメッセージを表現するのがうまく、流石と感じますね。

これは遊んでる若い人も読んだ方がいいかも・・・です。

K・Nの悲劇 (講談社文庫)
K・Nの悲劇 (講談社文庫)
著者:高野 和明
講談社(2006-02-16)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

夢のカルテ

高野和明氏の本を読みました。
今回も良かったですよ!
小説系は専門書の他に並列して読む事が多いです。
次に読むのも高野氏の本です.。゚+.(・∀・)゚+.゚

さて、今回の本は「夢のカルテ」

心理カウンセラーの夢衣という女性が主人公です。
この主人公は他人の夢に入れる異能者。

クライアントは目の前で無関係な主婦を銃で撃たれてしまった刑事、殺人事件の犯人と思われる人物、事故に合い脳死状態になった女性、事件に巻き込まれて失声症になった女の子・・・。

話は分かりやすく面白い。
しかも心理学を学んでいたり、興味のある人には非常に勉強になると思います。

心理カウンセラー・異能者としての葛藤や不安、それに立ち向かう勇気や強さが良かった・・・。

整体師は身体を診るので、自分の身体と向き合いますが。
心理カウンセラーは心を診るので、自分の心と沢山向き合わないといけないんですね。

感動するし、優しい気持ちになれますよ!( ´∀`)


夢のカルテ夢のカルテ
著者:高野 和明
角川書店(2005-11-30)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

6時間後に君は死ぬ

高野和明氏の小説をまた読み終えました。
「幽霊人命救助隊」「13階段」に続いて3冊目です。

今回は短編集・・・ですが。
それぞれ繋がりがあったりします。

内容は他の作品に比べて、設定が甘く話がうまく行き過ぎかな・・・と思えました。
タイムスリップなどの設定は好きだし、話も面白いので楽しく読めましたが.。゚+.(・∀・)゚+.゚

なんか、この作品は作者のメッセージが強く感じられた。
作者の高野氏に興味を持ったので、他の作品も読んでみようと思います。

今の所、「幽霊人命救助隊」が私の中で最高傑作です( ´∀`)

6時間後に君は死ぬ6時間後に君は死ぬ
著者:高野 和明
講談社(2007-05-11)
おすすめ度:3.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

13階段

高野和明氏の「13階段」を読みました!

前回読んだ「幽霊人命救助隊」が面白かったので、他の作品を読んでみたわけです。
大井町アトレの書店にありましたよ。

「13階段」はミステリー。
最後の方になるまで、犯人が分からなかった(笑)

今回も夢中になって読んでしまいましたよ。
この人の作品は面白い!

死刑について、深く考えさせられてしまいます。
死刑になる側と執行する側の心理描写がリアル過ぎる。
法律の矛盾や問題について、相当勉強して取材していると思います。

少し暗い内容かもしれませんが、息もつかせぬ展開で早く読みたくなってしまう・・・。

いやー、今回も勉強になった・・・。

早速、次の本に取りかからないと(笑)

13階段
13階段
著者:高野 和明
講談社(2001-08)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

TREASURE(トレジャー)成功者からの贈り物

犬飼ターボさんの新刊が先月出たので、早速読みました!

今回も小説形式で読みやすいです( ´∀`)

そういやターボさんの本って、全て読んでるような気がします(笑)

飲食業界が舞台ですが、感動するサービスや人材マネジメントなどが学べます。
業界が違っても、どう自分の状況に活用するか?自分の頭で考えると良いと私は思っています。

この本を読むとビジネスを通して、人の在り方や人生についても考えさせられます。
他の本を読んだりセミナーにも出ている為か、文章の一文一文に学びが、何気なく練りこまれていたりするのが分かりました。

自分がどの段階にいるか?

読んでる途中で、考え込んでしまったり・・・(笑)

お勧めですよ!

TREASURE  トレジャー
TREASURE  トレジャー
著者:犬飼ターボ
販売元:飛鳥新社
発売日:2010-07-24
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

幽霊人命救助隊

小説読みました。
私は専門書のみで無く、小説や漫画など幅広く読んでいます。
沢山の物語を疑似体験しておくのは、とても良いです( ´∀`)

今回読んだのは「幽霊人命救助隊」

自殺して地獄でも天国でも無い場所にいる主人公達が、神様にめっちゃ怒られて、ある任務を言い渡されます。

49日以内に100人の自殺志願者を救え!

自殺の動機は、沢山あります。
貧困、いじめ、人間関係、借金・・・。

幽霊達は救助すればするほど、沢山の大切な事に気づき、学んで成長していきます。
幽霊達の救助のやり方も面白い!これは読んでのお楽しみ(笑)

全体的によく出来ていて、読み進むうちに鬱に関しても非常に勉強になったし、泣ける場面も多かったです。

しかも読みやすく飽きないので、私にしてはかなりのスピードで読破出来ました。
本当に良い作品だと思います。

皆さんも是非読んでみてはどうでしょう?
とても考えさせられてしまうし、知っておいた方がいい事も分かるし、沢山の生き様を疑似体験出来ますよヾ(´ω`)ノ

幽霊人命救助隊 (文春文庫)
幽霊人命救助隊 (文春文庫)
著者:高野 和明
販売元:文藝春秋
発売日:2007-04
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

まんがで読破シリーズ

大井町アトレにある書店のマンガコーナーにて、まんがで読破シリーズを発見!

古今東西の名作やら何やらが、マンガで楽しく簡単に学べますよ( ´∀`)
学生の頃に、勉強やら文学やらが苦手でこの手の情報や学びがほとんど無い私・・・。

遅らばせながら、まんがで読破シリーズを買い込み読みまくっています。

これは・・・、為になる。
むむう〜(;´Д`)若い時にこのようなマンガがあれば・・・。

恥ずかしながら、名前だけ知ってて内容を知らない本が多いと気がつきましたよ。

この年で教養が無いと恥ずかしいので、色々と読もうと思います。
今更小説版を読み漁る気力が無くても、漫画なら大丈夫そうです(笑)

孫子の兵法 (まんがで読波)
孫子の兵法 (まんがで読波)
著者:バラエティアートワークス
販売元:イーストプレス
発売日:2010-06-30
おすすめ度:2.5
クチコミを見る

こころ (まんがで読破)
こころ (まんがで読破)
著者:夏目 漱石
販売元:イーストプレス
発売日:2007-07
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

結婚一年生

大井町のアトレでウロウロしていたら、本屋で「結婚一年生」なる本がおススメの棚にあった。

そういや、私も一年生だな・・・。
と思い、パラパラ見てみたらイラスト漫画と文章で読みやすい。

しかも「お金」「健康」「マナー」「家事全般」について専門家に取材して、詳しく紹介している。

しかも!筆者のサインとイラスト入りではないか!

本に関しては、比較的購入をためらわない私は、早速購入。

読んでみると、これは役に立ちそうだと思いましたよ。
作者の笑いのセンスも気に入りました(笑)
イラストの微妙な表現が好きです。

結婚間もない夫婦にはおススメの一冊です。

結婚一年生結婚一年生
著者:入江久絵
販売元:サンクチュアリ出版
発売日:2007-10-22
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

コミック しあわせ夫婦になる心が近づく妻のひと言

以前セミナーに通っていた「日本メンタルヘルス協会」の林先生が新刊出したので、読んでみました。

心理学の本を読むのは久しぶりのような気がします。

林先生の講義は一回しか受けた事なかったから、また時間が取れるようなら再受講してみたいですね。

今回の新刊は、文と漫画のコラボで短時間で読めました。
林先生が読みやすく、噛み砕いて書いてくれているので、心理学に馴染みが無い方でもすんなり読める内容でしたよ。

夫婦関係主体で書いていますが、人間関係がある所に色々応用可能と思われます。
入門編みたいな感じで私には物足りなかった部分もありますが、患者さんにも気軽にオススメ出来るかも?と思えました。

さて、後未読本が三冊ほど・・・。
ドンドン消化していきます( ´∀`)

コミック しあわせ夫婦になる心が近づく妻のひと言コミック しあわせ夫婦になる心が近づく妻のひと言
著者:林恭弘
販売元:総合法令出版
発売日:2010-03-24
クチコミを見る

血涙

血涙(上) (PHP文庫)血涙(上) (PHP文庫)
著者:北方 謙三
販売元:PHP研究所
発売日:2009-04-01
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
血涙(下) (PHP文庫)血涙(下) (PHP文庫)
著者:北方 謙三
販売元:PHP研究所
発売日:2009-04-01
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
北方 謙三氏の「血涙」の上巻と下巻をようやく読み終わりました。

これは「楊家将」の続編です。
楊家将はかなり夢中になって読んだ本なので、今回の「血涙」も期待してましたが・・・期待通りでした!

上巻のラストでは四朗の苦悩を見事に表現してますね。
私ならどうするだろう・・・?と悩んでしまいましたよ。
最後は少し悲しい感じがしましたが、読んで良かったと思える歴史小説でした。

こういう歴史ロマン小説っていいですね(*´Д`*)
旅に出た時に読むと良い思い出として残ったりして。
最近歴史小説にはまり気味です。

長編になると、普段本を読まない方は中々挑戦しにくいと思いますが、このシリーズは二冊づつでまとまっていて文庫本なので、荷物にならないし読みやすいと思います。

なんか本でも読もうかな?と思っている方がいたら是非読んでみてください。
本を読むと色々といい事がありますよ(笑)

人気ブログランキング

星の商人

星の商人 -「成功の秘法」を手に入れるためのレッスン-星の商人 -「成功の秘法」を手に入れるためのレッスン-
著者:犬飼 ターボ
販売元:サンマーク出版
発売日:2005-07-21
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
犬飼ターボさんの「星の商人」を読みました!

この本はおススメですよ!
読みやすく、短時間で読める。
読むのが遅い私が二時間で読破。
のめり込んで一気に読んでしまった・・・。

内容は商人を目指して村から都市に出てきた主人公レキが、仕事と人生で大成功を収める話です。

こんなに短時間で読めるのに、物語の要所要所に素晴らしい学びがある。
名著「ユダヤ人大富豪の教え」を彷彿させる。

どんな職業の方も、老若男女問わずにおススメ出来ます。
仕事で悩んでいたり、夢を実現させたい方がいたら「星の商人」を読むと発想が変わるかも?

一冊の本により人生が変わるかもしれませんよ。

人気ブログランキング

ザ・バースデー 365の物語

ザ・バースデー 365の物語<1月〜6月>ザ・バースデー 365の物語<1月〜6月>
著者:ひすいこたろう
販売元:日本実業出版社
発売日:2010-01-15
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
ザ・バースデー 365の物語<7月〜12月>ザ・バースデー 365の物語<7月〜12月>
著者:ひすいこたろう
販売元:日本実業出版社
発売日:2010-01-15
クチコミを見る


ひすいこたろう氏の「ザ・バースデー 365の物語」をセットで購入しました!

ひすいこたろう氏の本は名言セラピーなどの名著がありますね。
今回の新刊も期待大。

これは自分の誕生日のページを開くと、ある素敵な人と同じ誕生日という事が分かり、しかもその人にまつわる感動エピソードが読めてしまいます!

面白い!
読み終わったら大井町カイロに置いておこうと思います。
患者さんと話が盛り上がりそう(笑)

ちなみに私は三谷幸喜さんでした〜( ´∀`)
三谷幸喜さんは「ザ・マジックアワー」を観てからファンになりました。
なんか嬉しいヾ(´ω`)ノ

皆さんは誰かな?

人気ブログランキング

国民読書年

今年、2010年は「国民読書年」らしいです。

キャッチフレーズは「じゃあ、読もう。」
何やら国をあげて、国民が沢山本を読むように努力するとあります。

読書は大切ですね。
今はテレビやインターネットで沢山情報を得る事が出来ます。
しかし、本を読まないと得られない情報や知識も多い。
著者の経験や考え方が疑似体験として得られますし、著者のエネルギーをもらえる。
疑似体験はあらゆるパターンが多ければ多いほど、発想が広がると思います。
映画のCMでも同じような事言ってる(笑)

タイトルで本を選べば情報が著者により整理されていて頭に入りやすい。
もちろん読む本の著者によるし、良い本を何回も読んで自分のものにしないといけないと思いますが。

成功者はかなりの読書量だそうです。
まあ、重要なのは・・・。
とりあえず深く考えずに読み続ける事ですね!
続ければそのうち分るのです( ´∀`)

人気ブログランキング

以下引用

◆国民読書年に関する決議◆
(平成二十年六月六日)

<衆議院本会議>

国民読書年に関する決議(第一六九回国会、決議第二号)

 文字・活字は、人類が生み出した文明の根源をなす崇高な資産であり、これを受け継ぎ、発展させて心豊かな国民生活と活力あふれる社会の実現に資することは、われわれの重要な責務である。
 しかしながら、我が国においては近年、年齢や性別、職業等を越えて活字離れ、読書離れが進み、読解力や言語力の衰退が我が国の精神文明の変質と社会の劣化を誘引する大きな要因の一つとなりつつあることは否定できない。
 我が国の国会はこうした危機意識から、平成十一年(西暦一九九九年)に「子ども読書年に関する決議」を衆参両院で採択、平成十三年(西暦二〇〇一年)には「子どもの読書活動の推進に関する法律」を制定、さらに平成十七年(西暦二〇〇五年)には「文字・活字文化振興法」を制定し、具体的な施策の展開を政府とともに進めてきた。
 学校における「朝の読書運動」の急速な浸透、読書の街づくりの広がり、様々な読書グループの活性化など、国民の間の「読み・書き」運動の復活、振興などはその効果の顕著な例である。
 こうした気運の一層の発展をめざし、われわれは「文字・活字文化振興法」の制定から五年目の平成二十二年(西暦二〇一〇年)を新たに「国民読書年」と定め、政官民協力のもと、国をあげてあらゆる努力を重ねることをここに宣言する。
 右決議する。

(笹川堯君外十二名提出)

引用終わり
ラインで予約の空き情報が届きます
管理人です
宮隆
1974年7月8日生まれの蟹座。
大井町カイロプラクティックを品川区大井町に開業して12年が経ちました。
当ブログでは整体以外の事ばかり書いてます。
たまに真面目な事も書いてます・・・。

趣味は武道(合気道4段・拳法4段・太極拳初段)、熱帯魚や金魚を飼う事、整体の勉強。

身体の事でお悩みの方、電話にてご予約ください。

好きな物
お酒(日本酒、焼酎、キリンのビール、ウイスキー)
スパゲッティー、なんかいい職人が作ったやつ

大和整體研究会認定 大和整体師
キネシオテーピングトレーナー
基礎心理カウンセラー
livedoor プロフィール

考える整体師

アクセスカウンター
お世話になってるサイトです


月別記事
最新コメント
仮想通貨のススメ



SEOツール
  • seo
一日ワンクリックお願いします!
  • ライブドアブログ