20110601プリンセストヨトミ

「プリンセス トヨトミ」観てきました。
映画の日だったので。

この映画は『鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』で知られる万城目学氏の小説が原作のようです。

最近、邦画で役者の魅力を感じています 
今回も堤真一、綾瀬はるか、中井貴一が個人的には良かったです 

内容も奇想天外で、ありそうでなさそうな・・・?

でも私の全体的な感想は、まあまあ・・・かな 
あれって結局なんだったんだろう?とか。その設定って意味あるの?とか色々思ってしまいました。
うーん・・・。
役者が良かったし意外な人が出ているので、そこは楽しめるかもしれません。