先日のセミナーで身体の操法の話が出ていました。

整体でも武道でも身体の使い方が上達の鍵になります。
筋トレも重要ですが。

セミナーで膝の話も出ていましたが、道場でも同じような事を学んだのを思い出しましたよ。

達人は予備動作が無く動くので、攻撃の予測が困難です。
しかし膝の動きで、ある程度の予測が出来るとの事。

袴(はかま)を着用するのは、膝の動きを悟らせない為にする為だそうです。

膝の動きは意識していますが、これがまた難しい・・・(´・ω・`)
道場でも頑張って練習していましたが、仕事でも同じ練習をしている(笑)

私が道場で使用していた袴は藍染めでしたが、藍染めは刀で切られた時に傷口に当てると止血になるという効果もあるそうな。

現代では刀で切られる事はあまり無さそうですが。
昔の人の知恵って凄いものですね!

参考 「藍染の効果と特色」

人気ブログランキング