鬼合宿で教えてもらった目の施術が効果が上がっています。
まだ数人だけど。

片方の目を施術して、足で効果を確認。
これを繰り返し行った結果・・・。
やはり施術した目の同側が緩む。(患者さんも自覚出来る事が多い)
これから更にデータを積み上げていこうと思います。
人によって右目からがいいか左目からがいいかというのもあるので、共通点も探さないといけない。

目は脳に近い運動器だし、人は視覚情報に6,7割頼ると言われている。
現代人は目の興奮で脳の緊張状態(交感神経優位とか)を保つ事が普通になっているのでしょうがないんですかね。
パソコンなども影響しているんでしょう。

筋・骨格で変化を出せない人には有効と考えられますね〜。
顎周辺の施術もデータ化したいから、目は早い所データ化しないと・・・。
先は長い。

仕事の内容的には、辞書の無い翻訳作業みたいだから大変なんです。
うーん、悩みますね(´・ω・`)