私は長期間身体と向き合う施術が好きで、患者さんも何故かそういう方が集まってきます。
一回筋トレしたからといってムキムキにならないのと同じで、少しづつ身体を変えていかなければならない方って多いのです。

長年のストレスや歪みの蓄積で生命力が極端に下がってしまった方も、このやり方で身体を改善していかないと何処かで反動がくるものです。

最近診たYさんも手の痺れでしたが、生命力が全体的に下がってしまったパターン。
今日三回目の施術を行いました。

最初から手の緊張や細かい捻じれを取って・・・と思ったが、まずは体幹の施術を優先した。
骨格矯正出来るレベルではなかったので、主だった筋肉の弛緩と癒着の解除。
手はほぼ触ってないが、時々痺れる位にはなったとの事。

まずは体幹の状態を良くしないと、長い目で見て小手先になってしまうかな・・・と思い、あえて手は後回しにしました。
Yさんも説明を受けて納得されたようで良かったです。

次回は腕・手を細かく施術していくつもりです。
無理のない回復を見据えた施術プランの組み立てが必要な患者さんって多いような気がしますね。

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村