合気道掌法会に行ってきた。

師範のT先生がいい事言っていた・・・(*´Д`*)

( ´_ゝ`)「鷲掴みはダメなんだよ。鷹の様に小指から掴むんだよ。」

そう、「秘伝 鷹の爪」と言って武道では小指が重要視される。
刀をを持つ時も、相手の腕を取る時も、脇をしめる(上腕を外旋)動きも、腕のハリを意識する時も重要なのである。

これらの動き全てが親指で行っては腕力に頼る事となり、技として機能しない。
脇が空いてしまうし屈筋を使ってしまうから。

これって整体の時と逆なんですよね。
力に頼らない所や屈筋をあまり使わない所はほぼ同じなんですが。
両方鍛練している私にとっては、厳しい・・・のかな?

逆なようでいて、共通点は沢山あるし。
同じ事やってるようで、目的が違ったり。。

これは修行してるうちに、少しづつ見えてくるものなのかもしれません。
真理に近い答えがそのうち見えるのかも。
早くその領域に踏み込みたいもんですね!